子供の歯列矯正のために、費用を調べ、矯正歯科を活用する。

早めに予防

医師

子供の時期の歯の発育にはとても気をつける必要がある。この時期の虫歯を予防することで、長く歯を保つことができるためである。一生の歯列矯正や矯正歯科も、欧米では早く行われている。費用について知り、予防に努めたい。

Read more

審美的面

治療中

審美的な面からも、歯列矯正は広く受け入れられるようになった。このため、時期を選び、子供の頃に矯正歯科に通った方が良い。費用についても補助があるので、これも便利に利用できる。

Read more

健康保険の利用

矯正器具

矯正歯科の中で、特に歯列矯正は時間がかかるので、子供の内から行いたいもの。しかし、歯科の内でもこういった治療は、健康保険がきかない自由診療である。中には健康保険がきくものもあるので、費用節約のためにも調べておきたい。

Read more

特有の対処法

医師二人と患者

子供の内から歯には気をつけていた方が良い。
永久歯が生えそろうのは小学校高学年以降であるが、この永久歯が失われてしまうと、二度と自分の歯を取り戻せなくなってしまう。
インプラントや入れ歯を使い、治療することもできるが、それでは費用も大きくかかってしまう。
歯科治療にかかる費用をできるだけ抑えるためには、永久歯にできる虫歯だけはなんとか防ぎたい。
また、矯正歯科を利用するのであれば、より費用もかかるので、虫歯にかかる費用を削減できれば、子供の内から歯列矯正を行なうことができる。
今日歯列矯正を始めとする歯科治療は大抵において自由診療となるので、費用もかかることを知っておきたい。

子供の歯列矯正に関しては、大人と少し異なる過程を経て治療が行われる。
一致治療や二期治療に分かれており、矯正歯科で一期・二期と治療を分けることによってより綺麗な歯列矯正を行なうことができる。
一期は子供が小学校中学年になるまで、二期は永久歯が生えそろう小学校高学年に行われる。
二期治療にも、一期治療にまた上乗せされて費用が加算されることになるので、一期でだいたいの治療が終われば二期治療を行わないこともある。
また、子供の医療費用については、自治体でも補助金を設けていることがあるので、歯列矯正を行いたいときは、そうした費用援助の制度を利用できるか確認した方が良い。
子供のうちに矯正歯科にかかり、丁寧な歯列矯正をしていれば、大人になってから抜歯などの大がかりな治療を行わずに済むので、子供の歯列矯正は推奨されている。

↑ PAGE TOP